MENU

CLOSE

妊活サプリメントおすすめ教室※夫婦で始める安心・人気のサプリ

今人気の妊活サプリメントTOP3

新_プレグル

プレグル CB-1

妊活を卒業したい30、40代の夫婦のためのサプリ

プレグルCB-1は、30、40代の夫婦の妊活の卒業を応援するサプリです。女性だけでなく、男性も一緒に飲むことで相乗効果を高めていきます。

ゲンナイ製薬が開発した3つの複合成分CB-1が妊娠するための本来の力を呼び戻します。

医師の共同開発のもと、効能も信頼できて、身体へ…

二人でコウノトリを待っています。

40代の夫婦です。一度は諦めていたのですが、やれる事はと2人でプレグル CB-1を飲んでいます。男性用が黒色、女性用が白色のちょっと大きめのソフトカプセルです。男女それぞれに考えられた成分が入っているので数か月後が楽しみです。只今1か月目、妻と一緒に飲んでいるので飲み忘れもないです。男女セット…

詳細はこちらから

新_ベルタ葉酸

ベルタ葉酸サプリ

栄養もサポートも!ユーザー目線のベルタ葉酸サ…

詳細はこちらから

新_美的ヌーボプレミアム

美的ヌーボプレミアム

100%天然成分、妊活中から産後まで長く愛飲…

詳細はこちらから

4位以下のおすすめ妊活サプリメントランキングはこちら

妊活サプリメントの選び方


妊活中に必要、または摂取が推奨されている栄養素は多くあります。 とはいっても、普段の食事だけで補う事が難しい栄養素や、サプリメントで効率よく摂取できて妊活のサポートをしてくれる栄養素もあるので、妊活中の人でサプリメントを摂取する事を考える人は少なくありません。


妊活サプリメントには沢山の種類がありますが、おすすめはその人によって違うので、自分に何が必要なのかを知る必要があるのです。


不妊の原因を知る


妊活といっても様々なケースがあります。 赤ちゃんが欲しいなと思い始めた時期の妊活もあれば、不妊と思われる状態で妊活を続けているケースもあるのです。


不妊とは、健康な男女が避妊しないで性交渉を2年以上続けても妊娠することができない事をいいます。 不妊は女性だけの問題だけでなく男性に原因がある事もあるので、妊活をする場合は男女別の主な不妊の原因を知っておきましょう。


女性側の主な原因


ホルモンの分泌異常・卵巣機能の低下・ストレスなどが原因となって起こる「排卵障害」、ホルモンバランスの乱れ・子宮筋腫や子宮内膜ポリープ等の子宮の病気などが原因で起こる「着床障害」などが挙げられます。


男性側の不妊の原因


大半は「造精機能障害」が挙げられますが、原因が不明な場合も少なくなく、他にも遺伝や持病からもくるといわれています。 他にも「性機能障害」といういわゆる勃起障害、性欲低下などがあるのです。


この様に、男性の精子が正常に造られなかったり、性交自体ができなくなってしまうという場合もあるので、男性の不妊についても夫婦で理解しなければなりません。


男女共にあてはまる原因


加齢もあります。 加齢による精子や卵子の質の低下、子宮や精巣の機能の低下にも繋がり、加えて35歳以上は妊娠・出産に関しては高齢となるので、不妊でない健康な人でも妊娠できる確率はぐんと減ってしまいます。


この様に、不妊の原因といっても個人差が大きく原因も様々。


それぞれの不妊の原因によって必要な栄養素や状態に適したサポートをしてくれる栄養素を、サプリメントで補填してあげることでプラスになっていき、妊活中の人でも希望を持って妊活していけるのです。


目的に合ったサプリメントを選ぶ



サプリメントで効果を得る大前提として、推奨摂取量がちゃんと配合されているサプリメントを選ぶことはとても重要なポイントです。 妊活サプリメントといってもひとくくりにはならず、商品によって力を入れている栄養素に違いがあります。


葉酸に力を入れている商品もあれば、マカに力を入れている商品もあるので、目的に合った栄養素に力を入れているサプリメントを選んで効率良く摂取できれば、効果も期待できるというわけです。


そこで、不妊の原因を知ったら次に何を改善したいのかの目的を明確にした上で、摂取したい栄養素を知りましょう。


  • ・卵子の質を高めたいのなら抗酸化物質の含まれるビタミンC、E
  • ・生理不順の改善ならビタミンEやマカ
  • ・冷え性の改善ならローヤルゼリー、ショウガなど
  • ・男性の精子の質を高めたいのなら亜鉛
  • ・加齢による精子や卵子の質の低下にはミトコンドリア

    • この様に、目的によって摂取したい栄養素には大きな違いがあるのです。 改善しておきたい部分はしっかり補っていきましょう。


      継続して摂取していける商品を選ぶ


      目的に合った栄養素が把握できたら、次は継続して摂取していける商品を選んでいきましょう。


      匂い・大きさ・量なども意外と自分に合わないと感じるものがあるのです。 大前提として、口に入れるのに負担にならない商品を選びます。


      安心・安全な製法や原料で製造されている事も継続していくには必要です。 毎日体に入れるものですし、妊娠した場合に赤ちゃんにも送られる栄養素ですから、安心して毎日摂取できるサプリメントを選びます。


      そして、ビタミンA、Dが多量に含まれていない物を選びましょう。 毎日摂取して過剰摂取になると、胎児奇形や骨の形成の異常が出るリスクがあるので、こういう面にも配慮されている商品が安全です。


      継続していくためには価格も重要です。 あまりにも高価な商品を選んでも継続できませんが、逆に安すぎる商品は安全面や匂いなどに配慮されていない商品が多いので辞めておいた方が良いでしょう。


      少し高いと感じるくらいの商品の方が製法にこだわって製造されています。 加えて、アフターケアがあったり定期便のサービスで割引になる商品もあるので、定期的に自宅に届いて買い忘れが無い様にしておくのも継続できる秘訣です。


      安全性や質・含有量


      妊活サプリメントといっても価格の差は大きいです。 手軽に買える場所(市販、オークション)や安価なものもありますが、注意が必要です。


      • ・安全性(放射性物質・保存料・添加物など)
      • ・質(原材料や低質な成分)
      • ・含有量(含まれてはいるものの、大量摂取が必要なほど含有が少ない・効果が薄いかもしれないほどの少量など)


      上記に気をつけて納得できるものを選びます。


      こだわって製造されているサプリメントは、飲む人の事を思って企業努力をして作られています。 原材料や製法、吸収率にこだわっている事を明確にしていますから、そういったサプリメントは安心で安全。


      安価だというだけでサプリメントを選ぶ事はやめましょう。


      妊活中の女性が摂りたい栄養素


      葉酸


      妊娠を考えるとまずこの栄養素が思い浮かぶのではないでしょうか。 それくらい葉酸の摂取は妊活・妊娠中の女性にとって必要な栄養素なのです。


      葉酸には卵子の正常な形成・着床率アップ・流産防止などの効果があります。 これは葉酸は細胞分裂を助ける働きがあるという理由からで、細胞分裂が子宮内膜の強化にも繋がり、その結果、受精卵を定着しやすくして着床率や妊娠力をあげるという効果が期待できるのです。


      女性の葉酸欠乏は、胎児の神経管閉鎖障害のリスクが高まるとのデータが厚生労働省から発表されています。


      妊娠してからではなく、妊娠する前から体にじゅうぶんな葉酸がある事が望ましく、一日の推奨摂取量は400μgとなっています。 この量をきちんと摂れるサプリメントを選びましょう。


      ビタミンE


      ビタミンEは別名「子宝ビタミン」や「妊娠ビタミン」とも呼ばれているくらい、妊娠に深い関わりがある栄養素です。 不妊治療にも医師の処方でビタミンE剤が使われることがあるくらいです。


      妊娠に不可欠な黄体ホルモンの原料となるのがビタミンEです。 この黄体ホルモンが妊娠の成立と継続を助けてくれるので、不足すると基礎体温が不安定になったり、生理周期がバラバラになったり。 生理周期や基礎体温に悩む人はビタミンEを摂取していきましょう。


      さらに、ビタミンEには抗酸化作用で卵子の老化を抑えたり、自律神経のバランスを整える働きがあります。 加えて血流の改善効果もあるので、冷え性が改善されて子宮周りの血流も改善されていくのです。


      鉄分


      鉄分も摂取しましょう。 妊活中に鉄が不足すると、手足の冷えが起こったり、子宮内膜の厚さが不十分になる可能性があります。


      さらに妊娠すると胎児に優先的に鉄分が運ばれるため、鉄欠乏になりやすくなるのです。 妊娠中期から後期にかけて鉄が不足する妊婦さんは少なくありません。


      妊娠中の鉄分の不足は貧血によるめまい、立ちくらみなどがあります。 鉄不足が酷くなると胎児の鉄分も不足してしまい、低体重児や難産などのリスクを伴うため、鉄不足と診断されると鉄剤を処方される事もあるくらいです。 妊活中から鉄分を摂って鉄不足を予防しましょう。


      ミトコンドリア活性化


      ミトコンドリアを摂取するのではなく、ミトコンドリアを活性化する要素が含まれているサプリメントを摂取しましょう。


      生活に必要なエネルギーを生み出すミトコンドリア。 これが減ると、老化の原因となる体内の活性酸素が増えてしまいます。


      加齢に伴う卵子や精子の老化を防いだり若返らせるために、妊活サプリメントでも活用していきたいです。 ミトコンドリア活性化は高齢の妊活におすすめで、女性だけでなく男性にもおすすめします。


      妊活中の男性が摂りたい栄養素


      葉酸


      葉酸は女性だけが摂取する栄養素ではありません。 妊活中の男性にも効果があるのです。


      葉酸は細胞分裂を助ける栄養素ですから、精子の細胞分裂に働きかけて染色体異常のない正常な精子を作ってくれます。 そうなると精子の質が改善されて運動率のアップにもつながります。


      妊活中の男性の一日の葉酸必要摂取量は約240μgですが、水溶性ビタミンなので調理の際に消失してしまい吸収されにくい栄養素。 女性と共にサプリメントで葉酸の摂取をしていきましょう。


      亜鉛


      亜鉛は精液の濃度・精子の量・運動率を上げる効果があるので、男性には特におすすめです。


      精子・精液のほとんどはたんぱく質とミネラルで作られています。 その中でも亜鉛は精子の生成を促して質を高める効果があることから「セックスミネラル」と呼ばれているくらい、妊活中の男性には欠かせない栄養素とされています。


      精子の生成を促したり、男性ホルモン(テストステロン)を活発にさせる力も。 男性ホルモンが減少すると、勃起力が弱くなったりEDになったりする事があるので、妊活中の男性は亜鉛を継続的に摂取しましょう。


      マカ


      マカはペルーが原産の高山地帯の植物です。 疲労回復や滋養強壮効果があるとしてご存知の方も多いですが、男性の性欲を高めたり、精子の数を増やす作用もあるため、妊活サプリメントにはよく配合されています。


      マカにはアルギニンという成分が多く含まれており、アルギニンは男性の精子の数や運動率の向上、性欲を高める効果が期待できます。 また、ホルモンバランスを整える働きがあるので、男性だけでなく女性も飲むと良いとされています。


      ペルー以外でも栽培されていますが、高山地帯という特殊な環境で育つ本場のマカの効果とは大きな差があります。 近年ではペルー以外に日本でも栽培されていますが、日本の栽培技術は優れているので、国産のマカもおすすめです。


      アルギニン


      マカに多く含まれるアルギニンは、摂取することで精子の量を増やす、運動率を上げる、勃起不全を改善する効果があります。


      勃起を持続するのにに必要な一酸化窒素の分泌を促す働きがある他、精力を増強させる作用もあり、マカを摂る事によって摂取できます。

      妊活には食生活や生活習慣も大切


      普段から栄養バランスを考えた食生活を心がけ、加えて規則正しい生活を心がけましょう。


      夫婦どちらか一方だけが頑張っていてもモチベーションが上がりません。 夫婦で協力してお酒やカフェイン摂取を控え、喫煙者は禁煙し、妊娠しやすい健康的な体づくりの補助として妊活サプリメントを摂取しましょう。


      そして忘れてはいけない事は、妊活サプリメントは妊活の補助的な役割です。 妊娠しやすい健康的な体になるための栄養素を補うものです。


      妊活サプリメントを飲み始めたからといって、すぐに妊娠できる効果があるものではありません。 効果が無いからとすぐに飲むのを辞めてしまっては、せっかくの体質改善が見込めなくなってしまいます。


      普段の食生活や生活習慣に心がけながら、妊活サプリメントで妊娠しやすい体づくりを目指しましょう。


      葉酸サプリメント


新着の妊活コラム